吉田喜九州 
衛生面への取り組み

吉田喜九州では品質方針として、
1、安心 2、安全 3、匠 4、創意工夫 5、初心を理念として掲げ、新工場稼働とともに継続的に取り組み、「品質マネジメントシステム」を実行しています。法令規制要求事項及び当社の要求事項への適合に基づき、信頼の高い製品の製造及び販売に努め顧客満足の向上を目指します。また各部署は生産性の向上、製品歩止まりの適正化及び生産機器の管理を中心に、品質目標の達成のため全員一致で実行します。

バーコードと配合指示器で
原材料の配合料と使用期限を管理

製品や原材料、あるいはその製造工程における品質管理は非常に重要です。各製品の工程や進捗状況を把握しつつ原材料を管理します。製造工程においては人為的ミスを防止し、製品の品質管理とともに合理的な作業管理を行います。

自動ロット番号印字で
トレーサビリティーを確保

トレーサビリティーとは製品や原材料の流通経路を追跡できる状態です。製品情報管理、認証履歴を基盤にしたトレーサビリティーの構築により、安全性や信頼性、品質管理をアップすることが可能になります。

原料・工程・製品の微生物検査を実施し
製品の安全確保に努めています

製造工程での独自の殺菌技術に加え、要所要所で微生物検査を行い、食品の安全・安心を脅かす微生物の脅威を徹底的に取り除いています。

安心安全をお約束する仕組み 
①人の目で異常や異物を発見する

全工程に人の目があることで検査機では見つけられないような製品の異常や異物をすばやく発見・除去することができます。

②解析結果は再発防止と
工程・作業改善に使用する

異常発見後、該当品を検査室で回収。原因解析の上再発防止のための処置を決定し、不良品の発生を防ぐしくみに展開。再発防止策を実施し改善。

③ウェブカメラシステム

工場内11箇所・屋外3箇所・事業所1箇所に取り付けられたウェブカメラは、従業員の作業行動を撮影し、指導・訓練・教育に取り入れています。ウェブカメラ は屋外は24時間、工場内は稼働時間に撮影しており万一、外部からの進入の場合に備えて撮影データは3年間保存しています。

ウェブカメラシステムと自動ロット番号
印字の連携による不具合再発防止

万一お客様において不具合が生じた場合でも、箱に印字したロット番号から工程の製造記録と作業のビデオ映像が確認できますので、速やかに原因の解明と再発防止を取ることが可能です。

匠(たくみ)=すぐれた(伝統)技術をもった、古くからすこぶる腕のよい先人達た築き上げた技を頑なに、まじめに、時流や環境の変化にも柔軟に、今に、未来に伝える木工職人、1,000年先を見据える宮大工を指しています。株式会社吉田喜九州では、玉子焼きの製造・販売を通じ、匠の心をもった人材が集う会社にする事を願い、商標を登録しています。

創業以来、よりよい製品を産みだすだめ、経験を蓄積しながら試行錯誤の上、創意工夫を重ねてきました。食品を提供する上で大切な安全管理、生産管理、品質管理、衛生管理などについて、独自の方法やシステムを取り入れることで最適化を実現しています。

①安全衛生講習・年次教育訓練計画

年1回委託業者による安全衛生講習を行っています。また作業者向けに年次教育訓練計画を作成しています。

②講義のあとの5Sワークセッション

「5S」とは、食品衛生の現場における衛生管理の基本となる5つの要素、整理・整頓・清掃・清潔・しつけのことです。職場でこれらの要素に取り組むためのワークセッションを行い、スタッフの意識向上に努めています。

③年一回の見直し・改定

品質マネジメントシステム・品質マニュアル・各種様式は少なくとも年に1回は見直して改善しています。

  

space

吉田喜九州 衛生面への取り組み
吉田喜九州では品質方針として、
1、安心 2、安全 3、匠 4、創意工夫 5、初心を理念として掲げ、新工場稼働とともに継続的に取り組み、「品質マネジメントシステム」を実行しています。法令規制要求事項及び当社の要求事項への適合に基づき、信頼の高い製品の製造及び販売に努め顧客満足の向上を目指します。また各部署は生産性の向上、製品歩止まりの適正化及び生産機器の管理を中心に、品質目標の達成のため全員一致で実行します。

space

space

space

space

space